農耕地土壌の可給態リン酸の全国的変動

農耕地土壌の可給態リン酸の全国的変動

レコードナンバー690140論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011749NACSIS書誌IDAN00195767
論文副題農耕地土壌の特性変動(2)
著者名小原 洋
中井 信
書誌名日本土壌肥料學雜誌 = Journal of the science of soil and manure, Japan
別誌名日本土壌肥料学雑誌
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition
日本土壌肥料學雜誌 : 土壌・肥料・植物栄養
発行元日本土壌肥料學會
巻号,ページ75巻・ 1号, p.59-67(2004-02)ISSN00290610
全文表示PDFファイル (675KB) 
抄録可給態リン酸は、定点調査実施期間において全国的に明瞭な増加を示した。地目別には、施設と茶園が非常に高いレベルにあり、水田と牧草地が低かった。土壌群別では、水田としての利用が多い土壌群と黒ボク土グループが低い含量を示し、樹園地や普通畑に多く使われている岩屑土、非黒ボク土グループの褐色森林土、赤色土、黄色土、褐色低地土、砂丘未熟土が高い含量を示した。地域的には、瀬戸内から中部地域で高い含量を示した。また、地域区分によると中部、東海地域が高い含量を示した。経年的には、地目別、土壌別、地域別などによる区分の多くで1巡目から3巡目までは明瞭な増加傾向が認められた。しかし、3巡目から4巡目には増加率が低いなど、減少傾向を示す区分が多く、水田を中心に可給態リン酸の増加傾向が鈍化していた。これには化成肥料のリン酸投入量にみられるようなリン酸施肥量の減少が貢献していた。改善目標値と比較すると、目標値以下の部分は水田や普通畑では改善されつつあるが、4巡目でもまだ2割程度は不足域にある。一方、目標値の適正域を超える地点は、水田・牧草地では少ないが、その他の地目では10-78%程度とかなりの割合を占め、増加傾向にある。
索引語リン酸;水田;土;地域;土壌;農耕地土壌;変動;草地;黒ボク土;畑
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat