夏季高温下におけるアサリのへい死

夏季高温下におけるアサリのへい死

レコードナンバー873366論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039725NACSIS書誌IDAA12521221
著者名木村 聡一郎
書誌名大分県農林水産研究指導センター研究報告. 水産研究部編 = Bulletin of Oita Prefectural Agriculture, Forestry and Fisheries Research Center (Fisheries Research Division)
発行元大分県農林水産研究指導センター水産研究部
巻号,ページ4号, p.1-8(2014-07)ISSN2186098X
全文表示PDFファイル (2082KB) 
抄録1983年夏季の異常高温が原因とされる豊前海アサリ大量へい死事例を取り上げて、気象・海象データを整理し、夏季高温とアサリへい死の関連性について検討した。1) 中津市における1980~2012年の気温の長期変動は明らかな上昇傾向を示していた。2) 中津市において2010年8月は高温な気象状況下にあった。1983年7月22日~8月6日についても同様であり、この期間が、アサリ大量へい死の原因とされる異常高温時に当たると考えられた。3) 中津市小祝地先における2010年8月高温下での地温は特徴的な昇温傾向を示すことが確認された。1983年7月22日~8月6日についても同様の昇温傾向が一定期間継続していたと類推され、これが干潟域のアサリ個体の生理活性を低下させたと判断された。4) アサリ大量へい死期間と推定した1983年7月22日~8月6日と同様の高温日が、2003~2012年夏季において頻繁に確認されたことから、近年夏季の干潟域におけるアサリの生息環境は非常に厳しい高温条件下にあると考えられた。5) 近年、アサリ資源が低位のまま、回復しない一因として、夏季高温化による影響が示唆された。
索引語アサリ;中津市;昇温傾向;確認;干潟域;期間;アサリ大量へい死期間;へい死;アサリ大量へい死;異常高温
引用文献数11
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat