ナシ主産地における品質改善対策(1)

ナシ主産地における品質改善対策(1)

レコードナンバー63662論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016679NACSIS書誌IDAN00142421
論文副題長十郎の品質実態と品質関連要因の摘出
著者名吉岡 四朗
関本 美知
大野 敏朗
安間 貞夫
書誌名千葉県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Chiba-Ken Agricultural Experiment Station
別誌名千葉農試研報
Bull. Chiba Agric. Exp. Stn.
Bulletin of the Chiba Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元千葉県農業試験場
巻号,ページ13号, p.1-8(1973-03)ISSN05776880
全文表示PDFファイル (572KB) 
抄録1.主産地長十郎の品質改善をはかる基礎として,主産地ナシ園における品質実態調査と,品質関連要因の摘出を試みた。2. 品質の内容としては糖度(糖用屈折計の示度)と果肉硬度(ユニバーサル・ハードネスメーター使用)を測定した。調査要因は年次により若干異なるが,10a当たり着果数,葉成分,短果枝葉の縦横径,新梢の伸長停止率(6月下旬),樹令,土壌pH,土壌の置換性塩基(CaO,MgO,K2O)などであった。糖度および果肉硬度に対する各要因の影響の解析は重回帰分析のプログラムにより,電子計算機を用いて計算を行った。3. 主産地長十郎の品質実態を明らかにするため,1968年度は6地域から計35園,'69年度は10地域から計60園を抽出して糖度と果肉硬度を調査した。両年度の全調査園の平均糖度はそれぞれ10.91,10.93であったが,品質水準とした糖度11以上の産地は半数以下で,全園数に対する水準以上の園数の割合も45.7%および,46.7%の低率であった。両年度の果肉硬度の全調査園平均は1.57kgおよび1.46kgで,1.59kg以下を品質水準としたところ,'68年度は4産地,'69年度は全産地が水準に達した。全調査園に対する水準を上回る園数割合は65.7%および95%であった。糖度と果肉硬度の両水準を満す園数の割合は,34.3%および43.3%にすぎず,過半数の園は品質改善を必要とした。4. 1968年度から3年間にわたり,火山灰土地帯の園を対象に摘出した品質関連要因は次のとおりであった。糖度に関連する要因:樹令,土壌pH(以上+),10a当たり着果数,8月の葉中N,短果枝葉の縦径(以上-) 果肉硬度に関する要因:8月の葉中N,7月下旬の葉中Ca(以上+,したがって肉質に対しては-),樹令,短果枝の縦径(以上-,したがって肉質に対しては+)。
索引語果肉硬度;糖度;着果数;土壌pH;園;要因;品質関連要因;摘出;樹令;品質実態
引用文献数14
登録日2011年03月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat