カンキツの苗木の質とその後の発育

カンキツの苗木の質とその後の発育

レコードナンバー80221論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008726NACSIS書誌IDAN00142396
著者名森岡 節夫
平野 暁
書誌名千葉県暖地園芸試験場研究報告
別誌名Bull. Chiba Hort. Exp. Sta.
千葉暖地園試研報
Bulletin of the Chiba Horticultural Experiment Station
発行元千葉県暖地園芸試験場
巻号,ページ4号, p.1-8(1973-03)ISSN03887774
全文表示PDFファイル (419KB) 
抄録1. カンキツの計画密植において,永久樹および間伐樹用の苗を選別する基準を知ろうとして,植付け時の苗の良否が,植付け後の生育の良否とどの程度一致するかを調査した。2. 従来一般におこなわれている基準にしたがって,観察によって等級を判定した場合には,1年生苗では,3段階に分けた植付け時の苗の等級が1年後にかなり大きく変動した。この変動は宮川早生において小さく,林温州において大きかった。また,2年生苗は1年生苗よりも変動が小さく,3年生苗はさらに安定度が高かった。また,植付け時の幹周と1年後における幹周との間の相関は,高令の苗ほど強かった。3. 1年生苗については,一般におこなわれている等級基準,幹径,苗の重量などは,植付け後の生育と関係が深かった。しかし,根の量や状態はその推定にはあまり適していなかった。4. 3年生苗については,単に幹周によって類別するよりも,樹の大きさを主とし,枝の分岐をあわせ考えた,観察による総合判定のほうが,定植後の生育と密接な関係があった。この場合においても,上苗(永久樹)中に,将来樹冠の大きさの劣るものがかなりあったが,永久樹としての適性の劣るものは比較的少なかった。
索引語柑橘;せいちょう;なえ;苗;幹周;永久樹;生育;変動;カンキツ;基準;等級;良否;観察
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat