無分枝ストック(Matthiola incana R.Br.)のサンプリング方法

無分枝ストック(Matthiola incana R.Br.)のサンプリング方法

レコードナンバー80225論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008726NACSIS書誌IDAN00142396
著者名田中 晟雅
林 角郎
書誌名千葉県暖地園芸試験場研究報告
別誌名Bull. Chiba Hort. Exp. Sta.
千葉暖地園試研報
Bulletin of the Chiba Horticultural Experiment Station
発行元千葉県暖地園芸試験場
巻号,ページ4号, p.36-41(1973-03)ISSN03887774
全文表示PDFファイル (403KB) 
抄録1. エバースポーティング系無分枝ストックの合理的なサンプリング方法について,品種クリスマスブルーと南の輝を用いて検討した。2. 今回の調査の栽植様式(10×15cm)の試験においては,周縁個体は調査対象から除外する必要がある。欠株効果は周縁効果に比べて小さかったが,生体重の調査では欠株周囲を調査対象から除外したほうが好ましい。3. 各調査部位の変動係数から危険率5%,誤差率5%で必要標本抽出数を推定した。生体重では両品種とも100個体以上,到花日数,草たけおよび花穂長では50個体以内と,調査部位による必要標本抽出数の差がみられた。4. 床上の位置によって生育に若干の差がみられた。したがって任意に抽出せず,列ごとまたは数列ごとまとめて抽出した場合には,上記の個体数よりさらに多く必要とする結果となった。5. 八重と一重とを識別できない時期に諸形質を比較する場合の問題点を示した。八重と一重の混合群をそのまま調査する方法と八重個体のみについて比較する2つの方法が検討された。
索引語花卉;調査法;一重;方法;調査;分枝ストック;サンプリング方法;Matthiola;抽出;差;八重;調査対象
引用文献数11
登録日2011年03月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat