落花生新品種「ワセダイリュウ」について

落花生新品種「ワセダイリュウ」について

レコードナンバー83762論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016679NACSIS書誌IDAN00142421
著者名竹内 重之
芦谷 治
亀倉 壽
斉藤 省三
石井 良助
石田 康幸
書誌名千葉県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Chiba-Ken Agricultural Experiment Station
別誌名千葉農試研報
Bull. Chiba Agric. Exp. Stn.
Bulletin of the Chiba Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元千葉県農業試験場
巻号,ページ14号, p.1-12(1974-03)ISSN05776880
全文表示PDFファイル (1525KB) 
抄録1. 早生,大粒品種の育成を目標として1959年に改良和田岡と白油7-3の交配を行ない,1972年その後代から新品種ワセダイリュウが育成された。2. ワセダイリュウは主茎に着花する新しいタイプの早生,大粒種である。草型は立性,分枚数がやや少なく,倒伏はほとんど見られない。莢は千葉半立に比較して幾分大きく,長型で,縊れ,網目はやや深く,嘴の突起がやや顕著である。粒形は長型,粒色は淡橙黄である。開花結実習性・休眠性は早生小粒種の特性を有する。しかし,黒渋病・白絹病にやや弱い。3. ワセダイリュウは主として東北,九州中南部地方において多収を示した。1972年鹿児島県で分枝の徒長が少なく,安定多収,早熟大粒種として,本土および島しょ部に導入し,改良和田岡および千葉半立の一部に代わって奨励品種に採用された。
索引語早生;ワセダイリュウ;育成;改良和田岡;千葉半立;代;着花;大粒種;幾分大;早生小粒種
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat