水田多年生雑草の防除に関する研究(6)

水田多年生雑草の防除に関する研究(6)

レコードナンバー83775論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016679NACSIS書誌IDAN00142421
論文副題ウリカワの生態とその防除について
著者名山岸 淳
橋爪 厚
書誌名千葉県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Chiba-Ken Agricultural Experiment Station
別誌名千葉農試研報
Bull. Chiba Agric. Exp. Stn.
Bulletin of the Chiba Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元千葉県農業試験場
巻号,ページ14号, p.125-134(1974-03)ISSN05776880
全文表示PDFファイル (1868KB) 
抄録ウリカワの有効な防除法を確立するため,生態の調査と薬剤による防除法について検討し,次の結果を得た。1. ウリカワの塊茎のほとんどは地表から5cmまでの層に分布し,10cm以下の層には形成されない。塊茎形成量はm2当たり800~3,300個で著しく多い。2. 塊茎の形成は出芽後約50日目でみられ,形成開始期は主茎の葉数と密接な関係があるものと推察した。3. ウリカワの出芽は,土壌水分が最大容水量の80%以上ですみやかであり,また発生深度は地表下15cmが限界で,塊茎の土中深度が深いほど出芽歩合は低く,また湛水条件よりも湿潤条件で発生深度が浅い。4. ウリカワの塊茎の休眠はきわめて浅く,稲刈取後強落水をすると,地上部は枯死しその後の発生はみられないが,湛水するとそれまでに形成された塊茎からの発生がみられる。5 .塊茎の土壌中での生存年数は,湛水条件下で短かく,畑状態において長い。6. ウリカワによる雑草害は,m2当たり8個体以上発生した場合に大きく,雑草量が多いほど穂数に対する影響が大きい。7. ウリカワに有効な本田初期処理除草剤を選定し,第12表に示す使用基準を策定した。
索引語ウリカワ;塊茎;発生深度;形成;発生;防除;生態;防除法;層;形成開始期
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat