食用ナバナの種子冷蔵処理による早出し栽培

食用ナバナの種子冷蔵処理による早出し栽培

レコードナンバー90216論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008726NACSIS書誌IDAN00142396
著者名吉田 良雄
書誌名千葉県暖地園芸試験場研究報告
別誌名Bull. Chiba Hort. Exp. Sta.
千葉暖地園試研報
Bulletin of the Chiba Horticultural Experiment Station
発行元千葉県暖地園芸試験場
巻号,ページ5号, p.13-19(1974-03)ISSN03887774
全文表示PDFファイル (378KB) 
抄録1. 種子冷蔵処理による食用ナバナの早出しの効果および品質などにおよぼす影響を知るため,1970~1972年に試験を行った。2. 伏見寒咲花菜など5系統のうち,鋸南町で採種している金木系は他の系統より約20日収穫始めのおそい晩生系であるが,種子冷蔵の効果が高く,品質がもっともよいので,種子冷蔵による早出し栽培に適した。3. 種子冷蔵温度は0℃~7.5℃の範囲では,2.5℃がもっとも効果が高く,処理期間は7日で十分であった。4. は種期の早いほど収穫期も早くなるが,同一は種期で比較すると,冷蔵により1971年では37日,1972年では34日早くなっている。5. 種子冷蔵栽培のは種期は1971年では9月9日,9月16日がよく,1972年は9月8日,9月16日がよく,だいたい9月10日前後がもっともよかった。それより早まきは高温のため生育が悪く病害の発生が多く,おそまきは低温のためいずれも収量が少なかった。6. 平均重は冷蔵によって何れも無処理より小さくなっており,処理区間ではほとんど差が認められない。
索引語アブラナ科;種子;促成栽培;貯蔵;ナバナ;食用ナバナ;種期;冷蔵;効果;種子冷蔵処理;早出し栽培;種子冷蔵;品質;おそい晩生系;処理期間
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat