土壌粉体付着が植物の生理生態におよぼす影響(I)

土壌粉体付着が植物の生理生態におよぼす影響(I)

レコードナンバー93364論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名田端 信一郎
田部 真
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ11巻・ 1号, p.19-33(1974-06)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (788KB) 
抄録土壌粉体付着の植物体へおよぼす影響をノザワナ,ダイコン,エンドウ,ソバを用いて調べた。土壌粉体は葉への入射光量を減少させる。その結果草丈,生体重,クロロフィル含量,炭水化物含量が低下した。葉緑体の数,粒径,粒子中のクロロフィル濃度等がかなり影響を受けた。チッ素化合物の変動は少なかった。生葉の減光度スペクトルをみるとクロロフィル含量の低下にもかかわらず減光度の低下は少なく,入射光量の減少に対する適応現象と思われる。ノザワナとダイコンの付着に対する生理的反応は正反対であり,その他の多くの植物についても調べる必要がある。
索引語生態;土壌物理;影響;低下;植物;土壌粉体付着;ダイコン;入射光量;減少;クロロフィル含量;付着;生理生態
引用文献数10
登録日2011年03月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat