ドイツにおける森林の休養的利用

ドイツにおける森林の休養的利用

レコードナンバー93366論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名菅原 聰
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ11巻・ 1号, p.47-63(1974-06)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (2686KB) 
抄録ドイツにおいてわが国と異なって森林は休養的に広く利用されている。それはドイツ人の生活習慣によるものであって,悪い都市環境内に居るよりは,森林内で散歩し,逍遙することが健康によいと人々は確信しているのである。また,休養的効果は混混林・老齢林・林縁部で高いとしているが,それはこれらの森林が多様性に富んでいるからにほかならない。しかし,たとえ美しい森林であってもそれを利用するための施設がなければその機能は発揮されないのであって,その点ドイツでは,その施設がかなり充実している。森林の休養的利用のために森林の内外に設置されている施設としては次のようなものがある。駐車場,回遊路,逍遙路,自転車道,乗馬道,スキー・コース,森林教育路,学校林,鳥獣保護林,野獣を見せる柵,休息場,寝ころべる芝生,遊び場,遊びの芝生,青少年の野営場,避難小屋,展望塔,リフト,スキー場,池,沼,水泳場,泉,簡単な治療施設,ファイヤー・プレース,森林広場など。これらの施設は州有地においてだけでなく,団体有地や私有地にも設けられており,今後もそれぞれ適した場所に設置されるように計画されているが,団体有や私有にかかるものについては州が補償することになっている。現在,重点的に施設されているものに林内スポーツ路があり,“Vita Parcours”と呼ばれるコースは保健会社などの支持もあって積極的に設置されている。これは森林内にコースを設定し,所定の場所で所定の体操を行うように計画されたものであって,長さは約3km,所要時間約30分~1時間程度のものである。このようにドイツでは森林を休養的に利用するために,多くの施設が広い範囲にわたって設置されているのであって,この種類の施設の少ないわが国とはかなり趣を異にしているのである。
索引語保安林;余暇;ヨーロッパ
引用文献数8
登録日2011年03月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat