施設栽培における適環境条件の生理的研究(2)

施設栽培における適環境条件の生理的研究(2)

レコードナンバー110267論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016679NACSIS書誌IDAN00142421
論文副題日中の光条件が果菜類の温度管理に及ぼす影響
著者名土岐 知久
書誌名千葉県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Chiba-Ken Agricultural Experiment Station
別誌名千葉農試研報
Bull. Chiba Agric. Exp. Stn.
Bulletin of the Chiba Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元千葉県農業試験場
巻号,ページ16号, p.31-42(1975-03)ISSN05776880
全文表示PDFファイル (1150KB) 
抄録1)施設栽培における果菜類の栽培適温を究明するに当って,光や温度が作物の内的要因に及ぼす影響など生理面から解析しようとした。2)キュウリでは夜温10℃以下で転流機能は低下し,葉内にデンプンが過剰に蓄積し,翌日の光合成速度を低下させて生育が悪くなる原因となった。しかしトマトでは5℃でもデンプンの過剰蓄積はおこらず,生育もとくに異常は認められなかった。3)両者の温度反応の差はトマトは主に昼間,キュウリは主に夜間転流するという,転流の時間帯の違いからくるものであった。4)その日の天候に合せた夜温管理を翌日の光合成速度から求めた。晴天時の夜温は相対的に高めに,曇天時は低めに管理する必要があること,キュウリの場合,晴天時は最低を10℃以下に,曇天時は7℃以下にしてはならないことが明らかになった。5)連続天候下の温度管理を純同化の手法を用いて求めた。キュウリの昼温は晴天時,曇天時それぞれ25~30℃,15℃であり,トマトは同様に25℃,20℃であった。キュウリの夜温は晴天時,曇天時それぞれ13℃,10℃でトマトは同様に5~7℃,10℃であった。6)これらの結果を栽培によって実証したところ,ほぼ同様の結果が得られた。
索引語キュウリ;トマト;デンプン;夜温;施設栽培;果菜類;温度管理;影響;低下;光合成速度
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat