ナシに寄生するハダニ類の密度推定

ナシに寄生するハダニ類の密度推定

レコードナンバー110271論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016679NACSIS書誌IDAN00142421
著者名藤家 梓
清水 喜一
書誌名千葉県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Chiba-Ken Agricultural Experiment Station
別誌名千葉農試研報
Bull. Chiba Agric. Exp. Stn.
Bulletin of the Chiba Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元千葉県農業試験場
巻号,ページ16号, p.69-74(1975-03)ISSN05776880
全文表示PDFファイル (375KB) 
抄録市原市のナシ園でカンザワハダニ,ミカンハダニ,ナミハダニの1葉あたりの個体数の分布を調査して,次の結果を得た。1)ハダニ類の個体数推定に河野・杉野4)によって提案された方法の適用を試みた。2)各種ともlogλとlogmの間に直線関係が認められ,河野・杉野の式が適用できた。ここで,λは平均個体数,Pを寄生葉率とするとき,m=-log e(1-P)である。3)寄生葉率から平均個体数を推定するための式として,logλ=(logm+0.5352)/0.8044が得られた。4)Iδ指数を用いての検討の結果,各種とも集中分布をしていることが示唆された。また,集中度は密度の増加に伴って低下した。5)河野・杉野の式の定数bの性質について検討を行った結果,bの定義は適当でないことが示された。
索引語平均個体数;寄生葉率;結果;河野;ハダニ類;杉野;適用;logλ;検討;カンザワハダニ
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat