追熟温度がトマト果実のポリガラクチュロナーゼおよびペクチンエステラーゼの活性変化におよぼす影響について

追熟温度がトマト果実のポリガラクチュロナーゼおよびペクチンエステラーゼの活性変化におよぼす影響について

レコードナンバー111131論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014810NACSIS書誌IDAN00196191
著者名小倉 長雄
中川 弘毅
竹花 秀太郎
書誌名日本農藝化學會誌 = Journal of the Agricultural Chemical Society of Japan
別誌名Nippon nōgeikagaku kaishi
日本農芸化学会誌
発行元[日本農芸化学会]
巻号,ページ49巻・ 5号, p.271-274(1975-05)ISSN00021407
全文表示
索引語ウロン酸;エステラーゼ;温度;果実;熟成;トマト;ペクチン
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat