ビワの摘果に関する研究(1)

ビワの摘果に関する研究(1)

レコードナンバー111893論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008726NACSIS書誌IDAN00142396
論文副題摘果程度が果実の大きさ及び収量に及ぼす影響
著者名中井 滋郎
平野 暁
書誌名千葉県暖地園芸試験場研究報告
別誌名Bull. Chiba Hort. Exp. Sta.
千葉暖地園試研報
Bulletin of the Chiba Horticultural Experiment Station
発行元千葉県暖地園芸試験場
巻号,ページ6号, p.12-21(1975-03)ISSN03887774
全文表示PDFファイル (612KB) 
抄録1. ビワについての適正な着果程度及び着果方法を見出すため,環状剥皮を施した枝,施さない枝及び樹単位にいろいろの処理をして,果実の大きさ及び収量に及ぼす影響をみた。2. 1結果枝上の葉数が少ないほど,また,1果房あたり果数が多いほど,概して果実は小きかった。そして,果実の大きさはその結果枝上の1果あたり葉数によって規制されるようであった。しかし,結果枝の葉数がとくに多い場合にはこの関係は乱れた。3. 環状剥皮を施さない亜主枝ごとに1果あたり葉数をかえた場合には,1果平均重に大きな差は認められなかった。4. 環状剥皮を施した亜主枝ごとに1果あたり葉数をかえた場合の1果平均重は,果あたり葉数が増加するにしたがって大となったが,1果あたり葉数が10枚でほぼ一定となった。また,単位葉数あたりの収量は果あたり葉数が増加するほど減少した。5. 樹単位にみた場合,1果あたり葉数が増加するにつれて1果平均重は大となったが,単位葉数あたりの収量は減少した。そして,1果平均重がほぼ一定となる1果あたり葉数は約20枚であったが,より少着果の場合に1果平均重が一層大きい場合もあった。6. 樹ごとの葉数と1果あたり枝数との間には高い相関が認められたので,枝数を摘果の基準とすることは可能と思われる。その場合の両者の回帰式y(1果あたり枝数)=0.111x(1果あたり葉数)+0.157を得た。
索引語果実;収量;摘果;ビワ;環状剥皮;1果平均重;果実;収量;一定;大きさ;増加;枝;ビワ;摘果
引用文献数31
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat