車道による周辺植生への影響III

車道による周辺植生への影響III

レコードナンバー113314論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名亀山 章
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ12巻・ 1号, p.1-18(1975-06)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (1184KB) 
抄録1 道路の建設が周辺植生に及ぼす影響の調査を行った.今回の対象は,奈良県の春日山原始林内の春日奥山周遊道路とした.2 はじめに,この道路が建設された昭和初期において,道路建設をめぐって論議された自然保護の技術的な問題について考察した.3 道路の影響を調査する方法は,第1報でのべられた植物社会学的方法を用い,群落調査と植生図の作成を行った.4 調査結果は,植生単位と植生図によって表現された.これをもとにして,道路による影響が明らかにされた.植生図にあらわれた影響の広がりは,道路から片側10~20mの巾が多いが,50m以上の部分もみられる.しかし,影響の質は,第1,2報のものよりは弱い.このことは,工事を必要最小限にとどめたいという建設技術によるものと考えられるが,今後の公園道路の建設に教訓を残している.
索引語車両;植生;道路;道路;影響;建設;植生図;周辺植生;調査;昭和初期;第1報;2報;このこ
引用文献数28
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat