産地におけるビワ品種の熟期と大きさに関する調査

産地におけるビワ品種の熟期と大きさに関する調査

レコードナンバー131109論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008726NACSIS書誌IDAN00142396
著者名平野 暁
森岡 節夫
八幡 茂木
書誌名千葉県暖地園芸試験場研究報告
別誌名Bull. Chiba Hort. Exp. Sta.
千葉暖地園試研報
Bulletin of the Chiba Horticultural Experiment Station
発行元千葉県暖地園芸試験場
巻号,ページ7号, p.15-23(1976-03)ISSN03887774
全文表示PDFファイル (512KB) 
抄録1. 千葉県安房郡富浦町の,ビワの2生産出荷組合の,共同出荷の販売実績から,産地全体としてみた場合の各品種の熟期,果実の大きさ及び出荷品としての等級割合等を調査し,おのおのの相互関係などについて解析を行なった。2. 出荷された数量から得られた品種構成割合は,A組合においては田中が80%を占め,楠,大房はそれぞれ15%及び5%であった。出荷時期は楠が最も早く,以下大房,田中の順で,田中に比較して,楠及び大房はおのおの約15日及び7~10日早かった。田中の出荷期間は約30日間,楠ではこれよりやや短いようであった。そのため,各品種の出荷期間には,相当の重なりが見られ,全品種合計では35日間であった。3. 1日当たりの全品種合計の出荷量割合は,最盛期においても年間出荷量の約5%でほぼ一定であり,その最高は,8.0~8.3%であった。4. 各品種について,果実の大きさの階級分布がえられたが,田中に比較して,楠は1.5~2.0階級小さい方に分布し,大房は約0.5階級大きい方に分布していた。又,出荷時期と果実の大きさとの間には一定の関係は見られなかった。5. 出荷品としての等級は,秀の割合が高く,60~80%を占めた。そして,秀の割合は,大果において高く,小果において低い傾向があり,その傾向は組合によって差があった。
索引語果実;産地;成熟;ビワ;田中;楠;大きさ;出荷期間;一定;分布;割合;大房;各品種;果実
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat