ナシ主産地における品質改善対策(3)

ナシ主産地における品質改善対策(3)

レコードナンバー131814論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016679NACSIS書誌IDAN00142421
論文副題長十郎園における適正着果数の検討
著者名吉岡 四郎
関本 美知
大野 敏朗
書誌名千葉県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Chiba-Ken Agricultural Experiment Station
別誌名千葉農試研報
Bull. Chiba Agric. Exp. Stn.
Bulletin of the Chiba Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元千葉県農業試験場
巻号,ページ17号, p.80-85(1976-03)ISSN05776880
全文表示PDFファイル (409KB) 
抄録長十郎園における適正着果数の基準を設定するため,1970,'71両年度,火山灰土地帯の主産地において,現地試験を行なった。1. 1970年度は,現地園における慣行の10a当たり着果数(23,000果前後)が適正かどうかを検討するため,12園に着果数軽減区(10a当たり18,000果前後)を設定して比較した。1果平均重は慣行着果数区が268.4g,着果数軽減区が28 9.9g,糖度は,それぞれ11.11%,11.45%で,すべての園において着果数軽減区がまさった。品質基準を果重270g,糖度11%とした場合,両基準に合格する園数は,慣行着果数区40%,着果数軽減区80%で,現地の慣行では結果過多の傾向がみとめられた。ただし,慣行着果数23,00 0果以下の園の1果平均重は276.9g,糖度11%以上の園か,86%で,比較的好成績であったのに対し,24,00 0果以上の園では1果平均重256.5g,糖度11%以上の園は無く,著しく成績が不良であった。2. 1971年度は,現地10園について,10a当たり着果数24,000果,21,00 0果,18,000果の3区を設定して適正着果数を検討した。1果平均重は24,000果区274.4g,21,0 0 0果区279.3g,18,000果区292.8gで,18,00 0果区がすぐれていたが,各区とも基準の大きさには達していた。糖度は,それぞれ11.24%,11.30%,11.46%で,着呆数が少ない区ほど高いが,各区とも基準には達していた。しかし,糖度,果重とも益準に達した園は,24,00 0果区50%,21,000果区60%,18,000果区90%であった。3. 2年間の成績を検討した結果,火山灰土地帯の長十郎盛果期園の適正着果数は,10a当たり,18,000~21,0 0 0果程度であり,果実の発育,天候の変化に対応してこの範囲で増減するのが実際的と考えられた。
索引語適正着果数;園;検討;成績;糖度;基準;着果数軽減区;1果平均重;設定;長十郎園
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat