簡易条払機を利用した上蔟作業体系

簡易条払機を利用した上蔟作業体系

レコードナンバー150432論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008669NACSIS書誌IDAN00366054
論文副題農家実態調査を基とした作業方法の確立
著者名高林 菊次
叶内 朝治
須田 保明
真下 昭六
佐藤 清
石川 誠男
書誌名蠶絲試驗場彙報
別誌名Technical bulletin of Sericultural Experiment Station, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
Technical bulletin of Sericultural Experiment Station
蚕糸試験場彙報
発行元農林省蠶絲試驗場
巻号,ページ104号, p.131-151(1977-01)ISSN03853594
全文表示PDFファイル (916KB) 
抄録簡易条払機を養蚕農家に導入し,実態調査および現地実証試験を基礎に能率的な作業方法を確立することを目的として分析を行い,次の結果を得た.1.慣行の手作業(手払いまたは条払台使用)における作業能率について延7戸の農家を対象に調査した結果,箱当り延実作業時間は平均250分(180分から375分の範囲),作業速度としての1時間当り処理箱数は平均1.8箱(0.8箱から3.5箱の範囲),1人8時間当り処理箱数は平均1.4箱(1.0箱から1.9箱の範囲)の水準にあることを知った.2.次に農家に簡易条払機を導入し,農家それぞれが自主的に上蔟作業を行った結果を調査したところ,1人8時間当り処理箱数は10戸平均1.9箱(1.1箱から3.2箱の範囲)で慣行手作業平均1.4箱と比較して顕著な増加はみられなかった.このことから単に簡易条払機を導入しただけでは作業能率を画期的に向上させることは困難であることがわかった.3.しかし,簡易条払機を導入した場合には3例において1人8時間当り処理箱数2.5箱以上の結果が得られた.そこで,それら3例と他の7例との比較を中心に作業能率向上の要因について分析を行ってみた.条払い収集作業においては箱当りはぎとり回数が少ないほど,また,箱当り蚕座長が短いほど能率が高くなることが示された.これらは分析の結果,いずれも2段育より1段育のほうが条件がよく,1段育が能率向上のひとつの要因であることがわかった.また,残蚕拾い作業においては箱当り残蚕数が多ければ当然時間が多くかかるので,条払い収集蚕率を少なくとも90%以上にすることが重要であることが示された.4.能率の高かった3例が網とり作業を行わなかったことから網とり作業の省略が作業能率向上に大きく関係する可能性が考えられ,それについて分析を行った.1人8時間当り処理箱数を増加させるためには箱当り延実作業時間を減少させる必要があり,網とり作業を行った農家の延実作業時間の中に占める網とり作業時間の割合を調べてみると平均19.4%(13.3%から29.8%の範囲)であった.つまり網とり作業の省略により平均して約2割の延実作業時間の減少が可能であることがわかった.また,網とり作業を行うと作業の流れが途中で中断され,余裕時間も増え,実働率が低下することも作業能率向上の点からみて大きな欠点であることが明らかとなった.5.蔟への振り込む作業についてみると,改良わら蔟に比べ回転蔟の方が能率が高く,回転蔟であっても立て置き振り込みに比べ横置き振り込みの方が能率的であることが再確認された.6.資本装備の改善を伴わず,もっとも簡単に作業能率を向上させる手段として網とり作業の省略が効率的であることが考えられたが,この作業の省略は条払い後の熟蚕中の蚕沙混入率が多い時には問題となる.そこで,蚕沙混入率がどんなに多くても関係ない方法として,下に蚕沙混入のまま蚕を広げその上に回転蔟を載せる方法が考えられた.これについて現地実証試験を行った結果,能率は高いがいくつかの問題点も指摘された.それを解決するため「振り込み枠」を試作し,それを利用して多くの実証試験を繰返した結果,平均して1人8時間当り3箱前後の処理が可能であり能率的であることが実証された.7.次に「振り込み枠」を利用しない蔟入れ方法についても検討を行った.その結果,蔟をあらかじめ設置しておき上から振り込む方法をとっても「振り込み枠」を利用した場合に劣らない作業能率が示され,混入蚕沙が気にならなければ「振り込み枠」を試用せず蔟の上から蚕を振り込むのも一つの方法であることがわかった.8.簡易条払機を利用して上蔟当日の1人8時間当り処理箱数を3箱以上にするための条件として条払い収集蚕率90%以上,網とり作業の省略,回転蔟を利用した能率的な振り込み方法,蔟の懸垂を翌日行うなど必要と考えられたが,2段育や上蔟当日に振り込み場所を確保するためのある程度の蚕座片付け作業の導入は容量よく行えば必要条件にはならない事をあらかにた.
索引語機械;作業;養蚕;簡易条払機;延実作業時間;範囲;結果;網とり作業;作業;回転蔟;能率;導入;省略
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat