火山灰土壌に生育するリンゴ,ナシ,モモおよびブドウの生育,収量および果実品質に及ぼすリン酸の肥効

火山灰土壌に生育するリンゴ,ナシ,モモおよびブドウの生育,収量および果実品質に及ぼすリン酸の肥効

レコードナンバー153972論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名建石 繁明
熊代 克巳
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ14巻・ 1号, p.1-11(1977-06)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (668KB) 
抄録有効態リン酸をほとんど含まない火山灰土壌を用いて,リンゴ,ナシ,モモおよびブドウを鉢栽培し,リン酸の肥効を調査したところ,次のような結果が得られた。1.リン酸を施用しなかった場合には,各果樹とも,生育がきわめて不良であり,毎年生育後半期になると葉にリン酸欠乏症状が現れた。2.リンゴ,ナシおよびモモの樹体の生育は,リン酸の少数施肥(土壌のリン酸吸収係数の2.5%相当量)によって著しく促進され,さらにそれ以上リン酸を施用しても,生育はわずかしか促進されなかった。ブドウ樹の生育は,リン酸施用量の増加(リン酸吸収係数の10%相当量まで)にともなって増大した。3.リン酸施用量の増加にともなって各果樹とも,花芽形成数が顕著に増大した。4.収量は,各果樹とも,リン酸施用量の増加にともなって増加した。5.ブドウの果実品質は,リン酸施用量の増加にともなって向上した。各果樹とも,リン酸施用量の増加にともなって果肉硬度および酸含量が低下し,甘味比が上昇した。6.葉分析の結果,リン酸施用量の増加にともなって,葉内のリン含量は顕著に増大した。また,リン酸施用量の増加にともなって,ナシおよびモモの窒素含量が,ナシのカリウム含量が低下し,ナシ,ブドウのカルシウムおよびリンゴ,モモのマグネシウム含量が上昇した。7.リン酸施用量の増加にともなって,土壌の有効態リン酸含量が増大し,リン酸吸収係数がわずかに低下した。
索引語火山灰土壌;果実;収量;せいちょう;ナシ;ブドウ;モモ;リンゴ;リン酸;増加;リン酸施用量;生育;ナシ;リン酸;モモ;ブドウ;リンゴ;各果樹;増大
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat