有機物集積水田における土壌中含窒素化合物

有機物集積水田における土壌中含窒素化合物

レコードナンバー160189論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016679NACSIS書誌IDAN00142421
著者名白鳥 孝治
大橋 武
書誌名千葉県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Chiba-Ken Agricultural Experiment Station
別誌名千葉農試研報
Bull. Chiba Agric. Exp. Stn.
Bulletin of the Chiba Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元千葉県農業試験場
巻号,ページ18号, p.62-67(1977-03)ISSN05776880
全文表示PDFファイル (407KB) 
抄録有機物の集積した水田土壌および土壌水中に含有する窒素化合物の組成について,主として蒸溜法によって検索し,これが水稲の生育に阻害作用を有するかどうかを検討したところ,次の結果を得た。1. 蒸溜法による窒素化合物の分別定量は可能であり,アンモニア,アミン態窒素,アミノ糖態窒素,アミド態窒素,アミノ酸態窒素,未同定窒素に分別された。2. 有機物集積水田土壌中には多量の窒素化合物が含まれ,とくにアミノ糖,アミノ酸が検出された。3. 有機物集積水田土壌水中の水溶性アミノ酸およびその縮合物の組成は通常の蛋白質の組成と類似していた。4. 有機物集積水田土壌水中の窒素化合物組成は田面に浮遊する藻類の腐敗液中の組成と類似していた。5. 有機物集積水田土壌の加水分解物中窒素化合物組成は,非集積水田土壌のそれと類似していた。6. アミノ糖,アミノ酸の水稲根伸長阻害試験によって,阻害限界濃度はグルコサミン3×10 -5M,アミノ酸類2×10 -4M附近であり,50%阻害濃度はグルコサミン10 -4M,アミノ酸類5×10 -4M附近であることを知った。7. 有機物集積水田土壌水中には上記阻害濃度以上にアミノ糖,アミノ酸を含有していた。
索引語組成;アミノ酸;窒素化合物;アミノ糖;有機物集積水田土壌水中;類似;含有;蒸溜法;分別定量;アンモニア
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat