原蚕の人工飼料育における飼料組成改善に関する2,3の試験

原蚕の人工飼料育における飼料組成改善に関する2,3の試験

レコードナンバー170433論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008669NACSIS書誌IDAN00366054
著者名堀江 保宏
関川 利治
渡辺 喜二郎
中曽根 正一
柳川 弘明
書誌名蠶絲試驗場彙報
別誌名Technical bulletin of Sericultural Experiment Station, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
Technical bulletin of Sericultural Experiment Station
蚕糸試験場彙報
発行元農林省蠶絲試驗場
巻号,ページ106号, p.85-99(1978-01)ISSN03853594
全文表示PDFファイル (574KB) 
抄録原蚕飼育を目標とする人工飼料の組成改善に関する試験を行い,2・3の結果を得た.1)日124号,支124号などを供試し,日本種に比べ支那種が一般に摂食性の劣ることを再確認した.2)日本種においては桑葉粉末添加量の摂食性に及ぼす影響は小であったが,支那種ではその影響が大であった.3)摂食性が悪い蚕品種においては10日後の体重の変動係数も大であった.4)掃立後短期間の飼育では脱脂大豆粉末量20%区が成長に適していたが,比較的長期間においては30%が良好であった.5)飼料に90%エタノール抽出大豆粉末あるいは大豆精製蛋白質を添加した場合に摂食および成長が良好であった.6)飼料水分率は摂食に関して80~85%が良好であったが,10日後の体重では75%が85%よりまさっていた.
索引語養蚕;摂食性;試験;原蚕;人工飼料育;飼料組成改善;摂食;日本種;支那種;影響;体重
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat