信州大学農学部排水の処理について(1)

信州大学農学部排水の処理について(1)

レコードナンバー174216論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
論文副題排水の水質と処理の根本方針
著者名中路 勉
入江 鐐三
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ15巻・ 1号, p.81-89(1978-07)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (459KB) 
抄録信州大学農学部での排水の処理について,その根本方針を求めるために,有害物質を含む溶液,油脂類および有機溶媒等の貯留を行いながら排水の分析と若干の試験を行った。これらの結果によると,(1)有害物質を含む溶液等の貯留を励行するかぎり,排水の水質は有害物質についての排水基準を大幅に超過することはない。(2)通気攪拌することによって排水の水質は大幅に改善される。(3)現在の水路配置では降雨時における急激な水量の増大と多量の土砂の流入とにより廃水処理が不能となる。以上のことより当学部での廃水処理の根本方針としては,次のようにすることが妥当と考えられる。(1)有害物質を含む溶液,油脂類,有機触媒等の貯留は今後とも引続き励行する。(2)水路は雨水,実験洗滌水,雑排水の三系統に分離することが必要である。(3)主として雑排水中のBOD処理を行うために一般排水処理施設を新設することが必要である。(4)実験洗滌水は既存の沈降槽を通じた後,雑排水とともに新設の一般排水処理施設にて処理を行う。(5)雨水は沈砂槽で交雑物と土砂とを分離した後,処理完了後の排水と合流する。(6)貯留した有機物質を含む溶液の処理については別途の方策を必要とする。
索引語水質;大学;長野県;廃水;処理;排水;有害物質;溶液;貯留;実験洗滌水;水質;根本方針;雑排水;油脂類
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat