ビワ果実の寒害に関する研究(1)

ビワ果実の寒害に関する研究(1)

レコードナンバー174417論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008726NACSIS書誌IDAN00142396
論文副題自然条件下における気温と被害の実態
著者名中井 滋郎
森岡 節夫
書誌名千葉県暖地園芸試験場研究報告
別誌名Bull. Chiba Hort. Exp. Sta.
千葉暖地園試研報
Bulletin of the Chiba Horticultural Experiment Station
発行元千葉県暖地園芸試験場
巻号,ページ9号, p.1-11(1978-03)ISSN03887774
全文表示PDFファイル (653KB) 
抄録1. 自然条件下におけるビワの生殖器官の寒害の実態を知るために,主に田中を用いて,圃場の気温と被害程度との関係を調べた。2. 耐寒性は花蕾が最も強く,小さな幼果がこれに次ぎ,縦径1cm以上に発育した幼果が最も弱かった。3. 田中は楠に比較すると耐寒性は強かった。4. 自然状態での園場の気温が-2~-3℃で1時間経過した場合には,樹冠上部の比較的大きい幼果に20%の,-3~-4℃で2~3時間経過した場合には,同様に20~40%の凍死果がみられたが,比較的小さい幼果や樹冠内部での被害は軽微であった。5. 圃場の気温が-4~-5℃で5~6時間経過した場合(最低気温-5.4℃)には,比較的大きい幼果では樹冠の位置に関係なく80%以上の,比較的小さい幼果においては樹冠内の位置によって70~30%の凍死果がみられ,花蕾においても約20%が凍死した。6. 樹冠上部に着生した生殖器官は樹冠内部のそれに比較して凍死率が高かった。7. 寒害の程度を平均生果率又は平均凍死率で表わす方法は,被害の甚しい場合には実害と比較的よく一致したが,軽又は中程度の被害では誤差を生ずる場合が多く,実害を表わす数値としては不適当と思われた。
索引語果実;気象災害;ビワ;幼果;気温;被害;寒害;自然条件下;実態;生殖器官;田中;圃場;耐寒性
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat