ネパールの農牧民と素朴な乳加工の概要

ネパールの農牧民と素朴な乳加工の概要

レコードナンバー193384論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名鴇田 文三郎
細野 明義
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ16巻・ 1号, p.29-41(1979-07)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (789KB) 
抄録南アジア北部地域における乳利用と各民族文化との繋がりを知る目的から,本調査では乳利用の実態を素朴なバター製造の様式の中に求めつつ,ネパールにおける乳利用分化の起源を探った。実施および文献による調査結果に基づいて導き出した記述に若干の誤謬は避け難たいが,結果は次の如く要約される。ネパールは厳しい自然環境の中の農牧業を主軸にした王国である。しかし,その農牧は南部亜熱帯的タライ地方の湿潤農業から,北部のネパール・ヒマラヤの南に張り出したチベット的風土の荒涼たる高原乾燥農牧業に至るまで種々の特質を持っている。それらを総括した耕地,牧畜,生活の概要は表1,2,3,4に示したが,必ずしも合理的で豊かであるとは言えない。また,そのネパールの農村に様式を異にする三種類のバターチャーン,即ちドンモ,キャルワ,テキが存在することを確かめた。これらのバターチャーンは今日におけるネパールの国民性の確立に多大な影響を及ぼしたチベット文化,イスラム文化それにインド分化の三大分化をそれぞれ具象したものとして理解される。特に,イスラム文化がネパール国内に深く,強く侵入していることが,本調査を通じてその現実を垣間見ることが出来た。今後,ネパールにおける各文化圏について更に詳細に調査する予定である。
索引語アジア;牛乳;食品製造;乳汁;乳製品;農業者;放牧;ネパール;概要;乳利用;本調査;様式;バターチャーン;イスラム文化;導き出した記述;結果;調査
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat