卵胞嚢腫牛に対するLH-RH類縁化合物(TAP-031)およびピロリドン・ヨード液の治療効果と黄体化例に対するPGF2α類縁化合物(ONO-1052)の発情誘起効果

卵胞嚢腫牛に対するLH-RH類縁化合物(TAP-031)およびピロリドン・ヨード液の治療効果と黄体化例に対するPGF2α類縁化合物(ONO-1052)の発情誘起効果

レコードナンバー212236論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00021048NACSIS書誌IDAN00191788
著者名中尾 敏彦
ほか3名
書誌名日本獸醫學雜誌 = The Japanese journal of veterinary science
別誌名日本獣医学雑誌
発行元日本獣医学会
巻号,ページ42巻・ 3号, p.373-375(1980-06)ISSN00215295
全文表示PDFファイル (202KB) 
索引語ウシ;獣医学;腫瘍;発情;プロスタグランジン;ホルモン;薬剤;卵巣
引用文献数6
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat