ストックにおける八重率及び子葉の大きさの品種間差,並びに鑑別後の八重率の推定

ストックにおける八重率及び子葉の大きさの品種間差,並びに鑑別後の八重率の推定

レコードナンバー213635論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008726NACSIS書誌IDAN00142396
著者名田中 晟雅
田中 晟雅
林 角郎
書誌名千葉県暖地園芸試験場研究報告
別誌名Bull. Chiba Hort. Exp. Sta.
千葉暖地園試研報
Bulletin of the Chiba Horticultural Experiment Station
発行元千葉県暖地園芸試験場
巻号,ページ11号, p.20-26(1980-03)ISSN03887774
全文表示PDFファイル (353KB) 
抄録1. ストックの品種間における本来の八重率の差,また鑑別指標となる子葉の大きさの八重と一重のちがいを調査した。さらに数種の代表値から別報で述べた手法を用いて(間接法),苗を1定割合選んだ場合の品種間による八重率のちがいを推定しようとした。2. 16品種間において,子葉長の八重と一重の平均値の差及びその標準偏差については,やや差が認められた。3. 間接法によって品種による鑑別後の八重率の差を推定した。この結果,選抜率25%では品種間における八重率の差はそれほど多くはなかったが,選抜率50%,75%ではかなり品種間差のあることが認められた。4. 間接法から,供試金品種において,同一選抜率では子葉長は子葉幅にくらべ,常に八重率の高い傾向が見られた。5. 間接法から,選抜率の領域によって,選抜率-八重率曲線を規定している要因の八重率への寄与の程度に差のあることが認められた。すなわち,選抜率が中位の領域では子葉サイズの八重・一重間差が大きく貢献し,選抜の弱い領域では無鑑別の八重率が貢献した。
索引語花卉;形態;選別;葉;花;品種;八重率;差;選抜率;間接法;八重;推定;一重;品種間;子葉;領域
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat