原蚕の人工飼料育における摂食性及び実用形質の選抜効果

原蚕の人工飼料育における摂食性及び実用形質の選抜効果

レコードナンバー213828論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008669NACSIS書誌IDAN00366054
著者名水沢 久成
笹原 重雄
高山 善助
新野 孝男
小野寺 ナミ子
書誌名蠶絲試驗場彙報
別誌名Technical bulletin of Sericultural Experiment Station, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
Technical bulletin of Sericultural Experiment Station
蚕糸試験場彙報
発行元農林省蠶絲試驗場
巻号,ページ110号, p.45-60(1980-04)ISSN03853594
全文表示PDFファイル (710KB) 
抄録人工飼料に適する蚕品種を選出する目的で,現行蚕品種ならびに日支交雑によって新たに作出した系統について,人工飼料による継代飼育を繰り返した.そして人工飼料摂食性や繭之計量形質および産卵性に関する選抜効果ならびに選抜系統の交雑効果について検討した.同時に優良系統を選出するための選抜手法についても検討した.得られた結果の概要は次のとおりである.1)桑葉育による次代蚕では,蚕種の保護取扱い条件の違いによって毛振るい率に差が現われるが,人工飼料育による次代蚕では,そのような現象は認められなかった.2)人工飼料摂食性の劣る蚕品種では,人工飼料による継代飼育によって,稚蚕期の摂食や成育に対する選抜効果が顕著に認められた.このような選抜効果は準合成飼料に対してもみられた.なお人工飼料摂食性に対する選抜効果は,1世代だけの継代飼育によってもかなり現われる.3)人工飼料による選抜に際しての飼育形式は,稚蚕の摂食や成育に対しては飼育の途中で,人工飼料から桑葉へ切り替える方式でもかなりの選抜効果が現われた.しかし繭の計量形質および産卵性に対しては,全齢人工飼料による継代飼育の方が有効であった.4)全齢人工飼料による選抜によって繭の計量形質および産卵性は向上するが,選抜効果では現行蚕品種について選抜を開始した系統分離系よりは,日支交雑から開始した交雑育種系において,より顕著に現われた.5)原蚕を全齢人工飼料育で継代した系統では,その交雑原種または交雑種においても,稚蚕の摂食や成育は非選抜系に比べて良好となり,繭及び繰糸成績でもまさる場合が多かった.また,このような交雑効果は稚蚕人工飼料育・壮蚕桑葉育よりも全齢人工飼料育においてより顕著に認められた.
索引語育種;カイコ;摂餌;養蚕;選抜効果;人工飼料;原蚕;人工飼料育;選抜;継代飼育;摂食;次代蚕;計量形質;全齢人工飼料育
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat