ヤクシカ(Cervus nippon yakushimae)における攻撃行動と順位について

ヤクシカ(Cervus nippon yakushimae)における攻撃行動と順位について

レコードナンバー372526論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名辻井 弘忠
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ24巻・ 1号, p.89-93(1987-07)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (285KB) 
抄録鹿は社会生活を営むことが知られている。鹿を飼育管理する上で鹿同士の攻撃行動を知る必要がある。本報告には全く報告のないヤクシカの攻撃行動および順位について調べた。長野県伊那郡大鹿村にある鹿牧場で飼育されているヤクシカ9頭(雄1,雌5:年齢不明,仔3)を用いた。観察は約0.1haの牧区内で,常に2~3人で10時から16時までの6時間計7回行った。雌ジカ同士における攻撃および威嚇の個体および相手,回数,程度について記録を行った。攻撃のほとんどは群における位置に関するものが主であった。これらの攻撃は上位の者程多く,次位の者がそれに続き,最下位の者ではほとんどない状態で,攻撃は最下位に集中していた。これらからヤクシカの攻撃及び威嚇行動は,直接的な順位関係が存在するものと思われた。また,群における社会的順位はある年齢で確立するものと思われた。
索引語行動(生物);反芻動物;社会;哺乳動物;攻撃;ヤクシカ;攻撃行動;Cervus nippon yakushimae;鹿;最下位;度;群;これら;社会的順位
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat