数種の植物に対する保存蚕品種の摂食性とその遺伝

数種の植物に対する保存蚕品種の摂食性とその遺伝

レコードナンバー372808論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008669NACSIS書誌IDAN00366054
著者名田村 俊樹
書誌名蠶絲試驗場彙報
別誌名Technical bulletin of Sericultural Experiment Station, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
Technical bulletin of Sericultural Experiment Station
蚕糸試験場彙報
発行元農林省蠶絲試驗場
巻号,ページ131号, p.79-94(1988-01)ISSN03853594
全文表示PDFファイル (569KB) 
抄録カイコの保存品種106種の数種の植物に対する食性とその遺伝を調べた。その結果,品種によって各種の食性の型がみられたが,一般的な傾向としては,一つの植物に対して摂食性の高い品種は他の植物に対しても高い摂食性を示す傾向にあり,また摂食性の低い品種は同様に他の植物に対しても摂食性の低い傾向にあることが明らかになった。どの植物に対しても摂食性の高い品種としてヴァール,特異新,伊達錦を,また低い品種として小石丸,只見蚕,ローザを選び,これらの品種間のF1の食性を調べた結果,摂食性の高いもの同士のF1は高く,摂食性の低いもの同士のF1は低いことが分かった。しかし,高いものと低いもの間のF1では,高くなる場合と低くなる場合があり,このことから摂食性を促進する遺伝子は必ずしも優性だけではないことが明らかになった。さらに,これらの食性を支配する遺伝子の発現は各種の環境要因によって左右されることが示された。
索引語植物;品種;摂餌;カイコ(遺伝・育種);摂食性;F1;植物;品種;食性;数種;傾向;遺伝;保存蚕品種;同士
引用文献数39
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat