ヤクシカ(Cervus nippon yakushimae)による稲ワラの消化率と舎飼いにおける一般行動について

ヤクシカ(Cervus nippon yakushimae)による稲ワラの消化率と舎飼いにおける一般行動について

レコードナンバー391156論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名辻井 弘忠
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ24巻・ 2号, p.115-121(1987-12)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (384KB) 
抄録ヤクシカにおける稲ワラの消化率を測定する目的で,雌雄各一頭(♂58kg,♀27kg)を糞尿分離の可能な飼育ケージーに入れ,稲ワラの消化率を測定した。5日間の馴致後,7日間の予備試験,つづいて7日間の試験期間として,全糞採取による消化試験を行った。その結果,稲ワラの摂取量は平均雄648g,雌632gであった。雄鹿,雌鹿それぞれ稲ワラの消化率は,粗蛋白1.01-22.81%,粗脂肪40.23-46.72%,可溶無窒素61.41-56.25%,粗繊維59.49-63.65%であった。また可消化粗蛋白質(DCP)は0.45-0.02%,可消化養分総量(TDN)は27.58-30.36%であった。また,舎飼いにおけるヤクシカの一般行動を6日間連続ビデオカメラで録画し分析を行った。その結果,雌雄とも一日の約30%を反芻,約60%を休息・佇立・彷徨,残り約10%が飲水・摂食に費していた。また摂食および反芻は,夕方から夜間に多くみられ,休息は昼間多い傾向がみられた。
索引語イネ;わら;行動(生物);畜舎;消化;飼育;哺乳動物;稲ワラ;消化率;ヤクシカ;Cervus nippon yakushimae;舎飼い;一般行動;測定;反芻;休息;摂食
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat