スタチン類綠体合成の中間体Butyl 1-p-Menthene-3-Azido-4-Hydroxy-7-Carboxylateの合成

スタチン類綠体合成の中間体Butyl 1-p-Menthene-3-Azido-4-Hydroxy-7-Carboxylateの合成

レコードナンバー391158論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名柴田 久夫
長谷川 泰三
茅原 紘
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ24巻・ 2号, p.141-146(1987-12)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (319KB) 
抄録プロテアーゼ阻害剤,ペプスタチンはペンタペプチドであるが,その構成成分に2個の異常アミノ酸であるスタチン(3S-hydroxy-4S-amino-6-methylheptanoic acid(I))を含み,昇圧系の酵素レニン-アンジオテンシン系に作用して酵素レニンを阻害し強い血圧降下作用を示す。今回,我々はスタチンと構造が酷似しいわゆるisosteric isomerとみなされるp-menthan-3-amino-2-hydroxy-7-carboxylic acid(II)をデザインし,IIを合成する際の中間体,butyl 1-p-menthen-3-azido-4-hydroxy-7-carboxylate(III)を簡便かつ収率よく合成したので報告する。なおその際,酸による異性化の段階で興味ある知見も得られたので少し触れた。
索引語アミノ酸;合成;酵素;生理活性物質;合成;酵素レニン;Carboxylate;スタチン;amino;acid;ペプスタチン;ペンタペプチド;アンジオテンシン系;酸
引用文献数7
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat