スイートコーンのトンネル早熟栽培における温度管理法

スイートコーンのトンネル早熟栽培における温度管理法

レコードナンバー392995論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016679NACSIS書誌IDAN00142421
著者名神保 信幸
所 重雄
青柳 森一
書誌名千葉県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Chiba-Ken Agricultural Experiment Station
別誌名千葉農試研報
Bull. Chiba Agric. Exp. Stn.
Bulletin of the Chiba Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元千葉県農業試験場
巻号,ページ29号, p.25-35(1988-03)ISSN05776880
全文表示PDFファイル (1208KB) 
抄録スイートコーンのトンネル早熟栽培では晩霜害と,トンネル換気の遅れにともなう高温障害が問題になるが,これらの障害を防ぐための,温度管理法について検討した。得られた結果は以下のとおりである。1. 晩霜害は-2℃未満の低温で発生し,早くから換気を始める馴化処理によって,これを軽減することができた。2. 40℃の高温条件では,雄穂及び雌穂は正常に発育しなかった。主稈と分げつ枝の発育は,最高気温を30℃としたトンネル管理で最も促進された。3. 早期には種すると,晩霜害が発生する危険性が高く,収穫期の前進効果も低かった。これらの点から,3月中旬がは種の適期と判断された。4. 被覆資材は保温性・作業性・経済性などの面からユーラックやクリンテートなどのポリオレフィン系のフィルムが適していた。5. 3月中旬は種の作型におけるトンネル換気法としては,2葉期に換気孔面積率0.5%の穴あけ換気を始め,以後は4葉期に1.0%,6葉期に2.0%と拡大してゆく方法が適していた。
索引語晩霜害;スイートコーン;トンネル早熟栽培;温度管理法;種;発生;発育;障害;低温;換気
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat