原蚕用に改良した人工飼料の組成と調製法

原蚕用に改良した人工飼料の組成と調製法

レコードナンバー400888論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008669NACSIS書誌IDAN00366054
著者名須藤 光正
松田 基一
松浦 雄二
書誌名蠶絲試驗場彙報
別誌名Technical bulletin of Sericultural Experiment Station, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
Technical bulletin of Sericultural Experiment Station
蚕糸試験場彙報
発行元農林省蠶絲試驗場
巻号,ページ132号, p.63-71(1988-02)ISSN03853594
全文表示PDFファイル (328KB) 
抄録原蚕の全齢人工飼料育に用いる飼料を開発するために,桑葉粉末などの素材の調整法並びに粉末化を検討するとともに,日5・1及び中6・1を用いた飼育試験を行い,原蚕の全齢飼育に適したM-D飼料を開発した。人工飼料の素材として用いる桑葉粉末は,桑葉を製茶方式で乾燥し,粉砕工程で0.7mm(1-4齢用)及び2mm(5齢用)の網目を通したものを用いると原蚕の飼育,産卵性ともに好結果が得られることが明らかになった。また市販の粉末状大豆蛋白質(ソルピー600)を用いて調整した飼料は脱脂大豆粉末を90%エタノールで洗浄したものを用いた場合と同様に稚蚕期の摂食性と発育に優れた成績を示し,ソルピー600が稚蚕飼育の安定化に役立つことが分かった。防腐剤として従来多用されているプロピオン酸あるいはアクリル酸の代わりに同じ抗菌効果のある粉末のクロトン酸を利用できること,ビタミンB群のなかで潮解性の高い塩化コリンをトウモロコシの芯を粉砕したものに吸着させて粉体化できることが明らかになり,飼料素材の全てを粉体として扱うことが可能となった。5齢期の飼料を調整するときの蒸煮時間を従来の工程よりも短い10分程度にしても,飼育成績及び産卵性は劣らないことが明らかとなった。
索引語飼料;カイコ;養蚕(人工飼料育);桑葉粉末;飼料;原蚕;人工飼料;素材;開発;全齢人工飼料育;調整法並び;粉末化;飼育試験
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat