人工飼料育蚕種の保護取扱い法の確立

人工飼料育蚕種の保護取扱い法の確立

レコードナンバー400900論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008669NACSIS書誌IDAN00366054
著者名滝澤 寛三
北沢 敏男
笹原 重雄
吉村 儀成
和田 武春
書誌名蠶絲試驗場彙報
別誌名Technical bulletin of Sericultural Experiment Station, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
Technical bulletin of Sericultural Experiment Station
蚕糸試験場彙報
発行元農林省蠶絲試驗場
巻号,ページ132号, p.221-241(1988-02)ISSN03853594
全文表示PDFファイル (768KB) 
抄録1.原蚕用飼料として開発された飼料Y-A及び飼料M-Bにより全齢飼育した5・1×6・1の原蚕から採種した原種及び交雑原種の加温即時浸酸,常温即時浸酸,冷蔵日数30日の短期冷蔵浸酸,冷蔵日数60日の冷蔵浸酸について,卵齢や浸酸時間との関係を孵化歩合により調べた。その結果を孵化歩合90%以上,95%以上に分類し,適用できる浸酸条件を提示した(第6表)。2.春採り及び晩秋採りの越年蚕種を4月及び6月に出庫催青し,孵化歩合を調べた結果,蚕種の保護期間が短い場合に孵化歩合が高く,保護期間の長い場合に低くなった。3.新たに原蚕用飼料として開発された飼料C及び飼料Dにより,人工飼料適合性品種として選抜されたN25・N89及びC45・C55並びに日5・1,中6。1の4品種の蚕を飼育し,交雑原種同士から採種した蚕種の冷蔵浸酸を行った結果,中国種の交雑原種及びN25・N89では95%以上の孵化歩合となったが,日5・1では試験実施場所間差があり,平均値では92~94%となった。
索引語保存;卵;養蚕(人工飼料育);孵化歩合;交雑原種;冷蔵浸酸;保護期間;結果;人工飼料育蚕種;保護取扱い法;蚕種;原蚕用飼料;開発
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat