キャベツセル成型苗の低温貯蔵が苗質および定植後の生育に及ぼす影響

キャベツセル成型苗の低温貯蔵が苗質および定植後の生育に及ぼす影響

レコードナンバー560542論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016679NACSIS書誌IDAN00142421
著者名福地 信彦
吉岡 宏
市村 一雄
清水 恵美子
藤原 隆広
青柳 森一
書誌名千葉県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Chiba-Ken Agricultural Experiment Station
別誌名千葉農試研報
Bull. Chiba Agric. Exp. Stn.
Bulletin of the Chiba Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元千葉県農業試験場
巻号,ページ38号, p.27-33(1997-03)ISSN05776880
全文表示PDFファイル (500KB) 
抄録天候条件などで定植作業の遅延を余儀なくされた時の貯蔵法として,また,需要に見合う苗の供給および育苗施設の有効利用を図るための貯蔵法として,定植適期となった夏まきキャベツのセル成型苗の低温貯蔵(6℃,暗黒条件)について検討した。1. 低温貯蔵苗は,入庫後から徐々に草丈が高くなり,葉色は淡くなったが,30日貯蔵でも貯蔵中に枯死する株はなかった。2. 21日貯蔵苗でも活着率は100%で,収穫物の商品性にも問題がなかった。3. 貯蔵苗の炭水化物含量は,呼吸によって徐々に減少した。4. 入庫前にスクロースを底面給水すると,貯蔵中の苗の炭水化物含量の減少を抑制することはできたが,苗の貯蔵性の向上までには結びつかなかった。5. 全自動移植機による低温貯蔵苗の植え付け精度は,標準育苗苗と同程度で高く,収量性も問題がなかった。6. 以上のことから,夏まきキャベツのセル成型苗の低温貯蔵は6℃,暗黒条件の場合,21日の貯蔵が可能で,その苗は全自動移植機による移植が十分可能なことが明らかとなった。
索引語低温貯蔵;苗;貯蔵法;夏まきキャベツ;セル成型苗;暗黒条件;低温貯蔵苗;全自動移植機;貯蔵;キャベツセル成型苗
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat