飼料中のナラ葉ミールの粒度がライチョウの栄養素利用性と盲腸発酵に及ぼす影響

飼料中のナラ葉ミールの粒度がライチョウの栄養素利用性と盲腸発酵に及ぼす影響

レコードナンバー560917論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名神 勝紀
唐澤 豊
宮野 典夫
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ34巻・ 1号, p.11-18(1997-09)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (595KB) 
抄録7ヶ月齢のライチョウに粗粒(1.31mm×1.31mm-5mm×5mm)あるいは微粒(0.62mm×0.62未満)のナラ葉ミールを22.2%含む自家配合飼料を8日間給与し,栄養素の利用性と盲腸発酵に及ぼす影響について調査した。1.乾物摂取量は,今迄報告されている結果より多く,粗粒区で43g/500g体重/日,微粒区で40g/500g体重/日であった。2.体重は粗粒区と微粒区において,それぞれ若干の減少と増加を示したが,有意な変化ではなかった。3.両飼料区において乾物消化率は43-44%,粗繊維消化率は13-18%であった。4.粗粒区と微粒区における総エネルギー摂取量はそれぞれ791kJ/500g体重/日,767kJ/500g体重/日,見かけの代謝されたエネルギーはそれぞれ395kJ/500g体重/日,367kJ/500g体重/日,飼料の見かけの代謝エネルギー値はそれぞれ9.0kJ/g DM,8.8kJ/g DMであった。両区のこれらの数値の間にいずれも有意差はなかった。5.窒素蓄積率は両飼料区とも約20%であった。6.粗脂肪利用率は粗粒区と微粒区でそれぞれ81%,78%,可溶無窒素物の利用率はそれぞれ60%,58%であり,いずれも両区間に有意差はなかった。7.盲腸糞への揮発性脂肪酸の排泄量は粗粒区の方が多くなる傾向を示したが,アンモニアの排泄量には粒度の影響は認められなかった。以上の結果から,本実験で用いたライチョウ飼料において,ナラ葉ミールの粒度が飼料成分の利用性に影響しないこと明らかになった。
索引語ナラ葉ミール;粗粒区;影響;微粒区;粒度;ライチョウ;盲腸発酵;利用性;結果;両飼料区
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat