野辺山高原における放牧・採草とその停止による草地景観管理の考察(2)

野辺山高原における放牧・採草とその停止による草地景観管理の考察(2)

レコードナンバー571066論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
論文副題草地景観の総合的管理方法
著者名馬場 多久男
伊藤 精晤
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ34巻・ 2号, p.67-77(1998-03)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (1903KB) 
抄録半自然草原,人工草原は放牧,採草利用などの減少によって衰退,縮小しており,一方,自然休養地では草原景観を持続する必要がある。野辺山高原で在来草地,人工草地における近年の放牧停止地の植生遷移を継続的に調査した。在来草地の植物構成種は多様で安定的であり,森林への遷移の進行は緩慢である。開墾・播種による人工草地も採草利用を継続することによって牧草だけの単純な構成で安定する。放牧利用では構成種はやや,多様化し,放牧を停止することによって在来草地への遷移へと回復させる可能性がある。過放牧による裸地の放牧停止はより早期に植生の遷移初期段階に戻る。これらの点から,草地景観管理の方法を考察した。
索引語放牧;遷移;在来草地;停止;野辺山高原;草地景観管理;考察;採草利用;人工草地;多様
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat