千葉県におけるキウイフルーツ花腐細菌病の発生実態および発病と降水量ならびに収量との関係

千葉県におけるキウイフルーツ花腐細菌病の発生実態および発病と降水量ならびに収量との関係

レコードナンバー572521論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008726NACSIS書誌IDAN00142396
著者名赤山 喜一郎
鵜澤 恒雄
斉藤 あや子
熊切 和良
植松 清次
白崎 隆夫
書誌名千葉県暖地園芸試験場研究報告
別誌名Bull. Chiba Hort. Exp. Sta.
千葉暖地園試研報
Bulletin of the Chiba Horticultural Experiment Station
発行元千葉県暖地園芸試験場
巻号,ページ17号, p.19-26(1998-03)ISSN03887774
全文表示PDFファイル (534KB) 
抄録千葉県におけるキウイフルーツ花腐細菌病の発生実態を把握し,発病と降水量との関係ならびに発病が収量に及ぼす影響を明らかにした。1. 本病は主として開花期に発生し,花または蕾のみが侵される。通常,開花しても十分に花弁が開かず,雄ずい(葯)が褐変腐敗するが,激しい場合は全ての雄ずいが萎縮して褐変~黒変して腐敗し,柱頭や花柱も褐変腐敗する。花弁は赤変ないし褐変する。さらには,蕾のまま内部から花器全体が褐変ないし黒変して腐敗し,開花を待たずに落下する。2. 千葉県における本病の発生は発病花率が67.3%,発病度38.0と極めて多く,発病花率80%以上の圃場も数多く認められた。3. 発病花および蕾の80%以上は,開花期から幼果期の間に落下するか奇形果となり収穫できないため,本病が収量に及ぼす影響は大きく,発病花率(d1,%),発病度(d2)と収量(y,t/10a)との間には次の関係式が認められた。すなわち,ln y=-0.025 d1+1.41 (r2=0.807) ln y=-0.036 d2+1.22 (r2=0.843) 4. 本病の発病花率,発病度と4月上旬から5月下旬にかけての積算降水量(x,mm)との間に正の相関が認められた。すなわち,d1=0.133x+24.1 (r2=0.813) d2=0.120x-1.38 (r2=0.769) したがって,降水量が多いことが本病の多発要因の一つと思われた。
索引語褐変;本病;収量;発病;キウイフルーツ花腐細菌病;降水量;千葉県;開花期;雄ずい;褐変腐敗
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat