明日香村における棚田の畦畔法面の植生保全

明日香村における棚田の畦畔法面の植生保全

レコードナンバー610437論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名馬場 多久男
伊藤 精晤
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ36巻・ 2号, p.75-90(2000-03)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (3089KB) 
抄録明日香村は古代の都であり,遺跡が数多く存在し,全域が歴史的風土保全地域に指定されている。古代の経済的基盤として山間農地の棚田の成立が想定され,その表れは万葉集の歌の中に見られる植物の種類からも見られる。古代から現代まで千数百年の時代を経ているが,明日香村には現在まで近年の農地基板整備も行われずに山間地の棚田が持続している。こうした棚田やその周辺に万葉集の歌に見られた植物を見い出すことができる。特に棚田の畦畔法面の植生は歴史的な期間で持続した水田利用とともに管理されてきた草地であり,農民に親しまれた植物によって構成されている。しかし,近年は放棄地も目立っているのが現状である。こうした農地の放棄による植生変化は万葉植物の存続にとっても大きな危機的状況と考えられる。そこで,石舞台周辺の棚田を対象に畦畔法面の植生の実態を明らかにして今後の植生保全の基礎資料を得ることにした。その結果,畦畔法面には在来の植生が維持されており,植生型はススキ,チガヤ,ノシバを優占種とする3植生型を見い出すとともに,チガヤ優先型の植生のなかに共存して優占する種類によって,さらに5種類の植生型へと多様化していることを見い出した。これらの植生型は放棄した草地にススキが優占し,踏み付けと集中的な草刈りによってノシバが優占し,この中間の様々な植生管理状態の中でチガヤの優占する多様な植生型が存在しているといえる。こうした草地の植生保全のためには個々の農家の営農の継続が必要であり,そのために営農を支援する体制が植生保全の条件ともなるのである。
索引語棚田;植生;畦畔法面;植生保全;植生型;優占;ノシバ;植物;草地;明日香村
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat