UV-B照射による植物の酸化ストレス耐性の増大とそれに関わる抗酸化システム

UV-B照射による植物の酸化ストレス耐性の増大とそれに関わる抗酸化システム

レコードナンバー621278論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011887NACSIS書誌IDAN10165252
著者名川島 美香
武田 幸作
近藤 矩朗
書誌名環境科学会誌 = Environmental science
別誌名環境科学会誌
発行元環境科学会
巻号,ページ13巻・ 4号, p.539-548(2000-11)ISSN09150048
全文表示
抄録人工気象室内においてキュウリ芽生えに数日間UV-B照射を与える実験を行った。その結果,UV-B照射を行ったキュウリは,照射を行わなかったキュウリと比べてその第一葉中に非常に高い活性酸素耐性を獲得していることが,パラコートを用いた耐性実験により明らかとなった。この耐性の増大はUV-B処理開始後1日目から観察され,12日間のUV-B処理期間中維持された。活性酸素解毒酵素へのUV-B照射の影響を調べたところ,スーパーオキシドジスムターゼ,アスコルビン酸ペルオキシダーゼ,グアヤコールペルオキシダーゼの活性が増大することが示された。しかしそれらの活性上昇は,照射開始6日目という比較的遅い時期からしか起こらないことも明らかとなった。一方,フェノール性化合物の蓄積はUV-B照射開始1日目から観察された。更に,フェノール性化合物のHPLC分析の結果,UV-B照射による種々の物質の増加が認められたが,特に,抗酸化活性を持つと思われる物質(クロロゲン酸様物質)の特異的な増加が示された。よって,活性酸素解毒酵素だけでなく,フェノール性化合物の蓄積などの他の要素も,キュウリ芽生えの活性酸素耐性の増大に関与している可能性が考えられた。
索引語キュウリ;紫外線;耐性;抗酸化物質;照射;酸化;ストレス;パラコート;フェノール;酵素(酸化還元酵素)
引用文献数37
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat