ペントキサゾン分解性土壌微生物の単離

ペントキサゾン分解性土壌微生物の単離

レコードナンバー621485論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015061NACSIS書誌IDAN00196227
論文副題その特徴と代謝産物
著者名薩摩 孝次
林 靖
佐藤 清
ほか4名
書誌名日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ25巻・ 4号, p.357-364(2000-11)ISSN03851559
全文表示PDFファイル (654KB) 
抄録除草剤ペントキサゾンを代謝分解する微生物を牛久水田土壌より希釈平板を用いて単離した.得られた5菌株の特徴を調べ,またこれらの単離菌によるペントキサゾンの代謝物を同定した.これら5株の単離菌(1B,2B,7B,21B,および9A)は,その形態的および生理的特徴から,それぞれ,Pseudomonas fluorescens,Bradyrhizobium japonicum,2系統のXanthomonas oryzae,およびBacillus sp.と分類あるいは同定された.これら5株の分解菌は好気性菌として分類されるものの,塗抹法ではなく,すべて混釈法を用いて作成した平板から単離された.このことからこれらの単離菌は大気に比べ低い酸素濃度を好むか,あるいは耐える菌株であると考えられた.これらの単離菌は,100倍希釈肉エキス培地中で速やかにペントキサゾンを分解した.代謝産物はそれぞれの菌株により異なっていた.主な代謝物は1Bおよび2B株ではA-0505,7B株ではA-0480,21B株ではA-1374,9A株ではシクロペンチル環がモノ水酸化を受けた2種の化合物であった.A-0505を出発物質として与える試験により,7B,21B,および9A株においてはA-0505を中間代謝物とすることが確認された.
索引語除草剤;複素環式化合物;土壌微生物;生分解;単離;特性;代謝産物
引用文献数24
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat