中国の大気環境管理に果たす空気汚染指数(API)の役割

中国の大気環境管理に果たす空気汚染指数(API)の役割

レコードナンバー621665論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011887NACSIS書誌IDAN10165252
著者名横田 勇
仁田 義孝
劉 芳
書誌名環境科学会誌 = Environmental science
別誌名環境科学会誌
発行元環境科学会
巻号,ページ14巻・ 1号, p.49-59(2001-01)ISSN09150048
全文表示
抄録中国では,1997年から「空気レベルの週間報告」の形で大気汚染の状況を一般向けに公表した際,空気汚染指数(API指数)という環境指標を採用した。この指数は中国の大気環境基準及び人の健康に及ぼす影響によって,汚染物質の濃度から換算される。北部都市ではTSP(総浮遊粒子状物質)汚染が目立ち,西南地域と華北地域東部ではSO2による汚染がひどい。一方,北京,上海と広州のような大都市では,自動車排出ガスによるNox汚染が大気環境悪化の主要原因物質であることが判明した。API指数を用いて解析した結果から,北京市における主要汚染物はTSP,Noxであり,暖房使用期の汚染は非暖房使用期より著しいこともわかった。いままで,汚染データの情報開示を行わなかった中国にとっては,API指数の公表により,大気汚染の現状がより市民にわかりやすくなった。このことにより,大気汚染の抑制に対する社会的な関心が高まり,政府の大気環境管理の効力がさらに増すことになろう。
索引語中国;大気汚染;環境保全;指標;管理;社会;浮遊;二酸化イオウ;亜酸化窒素
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat