抗菌活性を有する5-アニリノ-1,2,4-オキサジアゾールと5-アニリノ1,2,4-チアジアゾールの合成およびそのステロール生合成阻害活性

抗菌活性を有する5-アニリノ-1,2,4-オキサジアゾールと5-アニリノ1,2,4-チアジアゾールの合成およびそのステロール生合成阻害活性

レコードナンバー621812論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015061NACSIS書誌IDAN00196227
著者名汲田 泉
丹羽 淳
書誌名日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ26巻・ 1号, p.60-66(2001-02)ISSN03851559
全文表示PDFファイル (719KB) 
抄録種々の目的で合成された化合物ライブラリーについてin vitro抗菌試験を行い,1,2,4-オキサジアゾール誘導体の2化合物がT.mentagrophytesに対し比較的高い抗菌活性を示すことを見出した.これらの化合物は顕微鏡観察において菌糸の縮れた特徴的な形態変化を伴う生育抑制を示した.さらに,薬剤を処理したCandida菌体のステロールの分析をガスクロマトグラフィーにより行うと,スクワレンの顕著な蓄積がみられ,スクワレンエポキシダーゼを阻害しているものと思われた.これらの化合物をリード化合物として合成展開を図り,3-(2,6-ジクロルフェニル)-5-フェニルアミノ-1,2,4-チアジアゾール類を見出した.これらの化合物はT.mentagrophytesやB.cinereraに対して高い抗菌活性を示すと同時に,それに対応した強いスクワレンエポキシダーゼ阻害活性を示した.新しく見出されたチアジアゾール誘導体は第3のタイプのスクワレンエポキシダーゼ阻害剤であり,リード化合物としてさらに興味がもたれる.
索引語殺菌剤;複素環式化合物;合成;抗菌性;ステロイド;生合成;酵素阻害剤
引用文献数10
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat