グロビン-牛血清アルブミン混合物のゲル形成性

グロビン-牛血清アルブミン混合物のゲル形成性

レコードナンバー621867論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名宮口 右二
矢口 聡志
堤 将和
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ48巻・ 2号, p.87-93(2001-02)ISSN1341027X
全文表示
抄録と畜血液タンパク質の有効利用を目指し,グロビンに牛血清アルブミン(BSA)を添加したグロビン-BSA混合物の加熱ゲル形成性について検討したところ,以下のような結果が得られた. (1)グロビン(50mg/ml)単独溶液はゲル化しなかったが,10mg/ml相当のBSAを添加することでゲル化が観察された.また,グロビンおよびBSAをそれぞれ50mg/mlおよび40mg/ml含む混合物の場合,広いpH域(pH3-9)でゲル化が認められた. (2)グロビン-BSA混合物(モル比で5/1)ゲルはpH7で最も高い破断強度を示した.また,同混合物ゲルの保水性はpH3および9で高かった. (3)グロビンでは2.0%(w/v)以上のNaSCNによってゲル化が強く阻害されたが,BSAでは2.5%(w/v)のNaSCNを添加してもゲル化は完全に阻害されなかった. (4)グロビン-BSA混合物のゲル強度はNaSCNの影響を受け,pH7では混合物に1%(w/v)相当のNaSCNを添加することで加熱ゲルの破断強度が高くなった.
索引語グロビン;アルブミン;血清;コロイド;血球;ブタ;ウシ
引用文献数25
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat