酸素電極を用いた一般生菌数検査の簡易迅速化

酸素電極を用いた一般生菌数検査の簡易迅速化

レコードナンバー621868論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名天野 義久
新井 潤一郎
山中 俊介
ほか1名
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ48巻・ 2号, p.94-98(2001-02)ISSN1341027X
全文表示
抄録酸素電極法による細菌検出法を食品検査に応用した. (1)従来48時間を要した一般細菌数検査を迅速に行うことが可能であった.105[cfu/g]の場合,6時間で菌数を推定できた. (2)105[cfu/g]以上の偽陰性が観察されず,実用性が確認された. (3)菌数の多いものほど早く結果が出るという特性は,食品微生物検査に適していた. (4)以上の特徴から,本法は食品衛生の向上を目的とする食品細菌検査法として有用であると考える.
索引語細菌;検査;食品;センサー;酸素
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat