自然河川流域における排水解析を目的とした洪水追跡モデル

自然河川流域における排水解析を目的とした洪水追跡モデル

レコードナンバー621926論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015250NACSIS書誌IDAN00201203
論文副題インドネシア国チリウン川を対象として
著者名吉田 貢士
久保 成隆
相良 泰行
ほか1名
書誌名農業土木学会論文集
別誌名農土論集
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering
Transactions of the Agricultural Engineering Society, Japan
発行元農業土木学会
巻号,ページ210号, p.7-12(2000-12)ISSN03872335
全文表示
抄録現在インドネシア国首都ジャカルタでは毎年の河川氾濫による被害軽減のため、下流氾濫域とその洪水の原因となる上流域において総合的な排水事業を計画している。本研究では集水域から河川への流出をタンクモデルにより、河川ネットワークにおける水移動をプライスマン型非定常モデルにより解析を行った。上流の渓流河川においては複合内部境界条件を用いて河床を階段状に近似し、同一スキームでの非定常計算が可能なモデルを構築した。構築したモデルによる実洪水の再現性は良好であり、計画されている事業効果についてシミュレーションにより検討した。
索引語流域;排水;洪水;インドネシア;河川;シミュレーション;モデル;水理
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat