キトサン処理が数種作物の生育とキチナーゼ活性に及ぼす影響

キトサン処理が数種作物の生育とキチナーゼ活性に及ぼす影響

レコードナンバー622074論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014461NACSIS書誌IDAN1050372X
著者名千布 寛子
芝山 秀次郎
光富 勝
ほか1名
書誌名海と台地
別誌名Marine and Highland Bioscience Center report
Marine & Highland Bioscience Center report
佐賀大学海浜台地生物生産研究センター報告
発行元佐賀大学海浜台地生物生産研究センター
巻号,ページ12巻・ p.27-35(2000-12)ISSN13415344
全文表示PDFファイル (1453KB) 
抄録数種の作物を供試し,土壌混和あるいは葉面散布によるキトサン処理を行った後,それらの生育経過とキチナーゼ活性の調査を行った。イネでは,生育に差異は見られなかったが,苗移植後2週目の個体からキトサン処理によるキチナーゼ活性値の増加が見られ,移植後60,90及び120日目の調査でも増加傾向が認められた。その他の作物では種類により差異が見られ,ダイズではキトサン処理により生育に差異は見られなかったがキチナーゼ活性値の増加がみられ,ハツカダイコンでは処理により生育は促進されたがキチナーゼ活性値は低下し,コムギ及びオオムギでは生育に差異は見られず,キチナーゼ活性値には変動傾向が見られた。
索引語キトサン;作物;生育;酵素(加水分解酵素);活性;処理;水稲;ダイズ;ダイコン;コムギ
引用文献数23
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat