培地の糖濃度および水ポテンシャルがウンシュウミカン培養砂じょうの糖集積に及ぼす影響

培地の糖濃度および水ポテンシャルがウンシュウミカン培養砂じょうの糖集積に及ぼす影響

レコードナンバー622169論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名向井 啓雄
高木 敏彦
岩谷 真和
ほか1名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ70巻・ 2号, p.238-243(2001-03)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (798KB) 
抄録ウンシュウミカン砂じょうを糖濃度および水ポテンシャルの異なるMS寒天培地に植え付け,砂じょうの発達および糖集積に及ぼす影響を調査した. 1.スクロース5%培地では砂じょうの肥大生長は促進されるものの糖の集積は緩慢であった.スクロース10%培地では砂じょうの肥大と糖集積がみられたが,その程度は樹上果実に比べるとやや劣った.また,培養途中で糖濃度の異なる培地に継代培養を行うと,培地の糖濃度と連動して砂じょうの糖含量は増減した.水ポテンシャルを一定として,培地糖濃度を変化させた場合においても培地の糖濃度の上昇に伴い,砂じょうの糖含量が増加した. 2.培地の糖濃度を一定として水ポテンシャルを変化させた場合,水ポテンシャルが低いほど砂じょうの肥大生長は抑制される傾向を示し,砂じょうの糖集積は促進された.しかし,糖組成においては一定の傾向がみられなかった.また,培養途中で異なる水ポテンシャル培地で継代培養した場合もほぼ同様な結果であった.
索引語ウンシュウミカン;培地;糖;含有量;水ポテンシャル;組織培養
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat