根域制限によるカキ‘新秋’の早期成園化および軽労化技術

根域制限によるカキ‘新秋’の早期成園化および軽労化技術

レコードナンバー622178論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20000397NACSIS書誌IDAA11542306
著者名蒲生 英美
文室 政彦
書誌名滋賀県農業総合センター農業試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Shiga Prefecture Agricultural Research Center Agricultural Experiment Station
発行元滋賀県農業総合センター農業試験場
巻号,ページ41号, p.23-31(2001-03)ISSN13470035
全文表示PDFファイル (1877KB) 
抄録根域制限ベッドに10a当たり455本の密度で植栽したカキ'新秋'を供試し,収量の年次変化を調査するとともに,着果安定技術および農薬散布の軽作業化技術について検討した. 1)4年生樹で約4t/10aの収量が得られ,早期成園化が可能であった. 2)好適着果量は葉果比で20程度であった. 3)結実には受粉が必要であり,'禅寺丸'花粉では希釈倍率10倍でも高い結実率であった.また,ジベレリン50~100ppm処理は人工受粉と同等以上の結実促進効果が認められた. 4)遠隔操作の可能な自走式防除機の導入により農薬散布の軽作業化が図れた.
索引語カキ;根圏;生育;省力;制御
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat