代かきの有無および肥料の種類が田面水の窒素・リン濃度に及ぼす影響

代かきの有無および肥料の種類が田面水の窒素・リン濃度に及ぼす影響

レコードナンバー622284論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015250NACSIS書誌IDAN00201203
著者名金木 亮一
高橋 紀之
矢部 勝彦
書誌名農業土木学会論文集
別誌名農土論集
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering
Transactions of the Agricultural Engineering Society, Japan
発行元農業土木学会
巻号,ページ211号, p.29-34(2001-02)ISSN03872335
全文表示
抄録代かき作業と肥料の種類が田面水の窒素・リン濃度に対して及ぼす影響を検討するため,ポット試験を行った.代かきについては2条件(代かき有りと無し),肥料の種類については4条件(無肥料,重焼リン,化成肥料,被覆肥料)とし,実験は3回繰り返した.表面積500cm2のポット8個に水田作土を約20cmの厚さに詰め,10cm湛水した.ポットは20℃の恒温室内に静置し,実験開始1,3,5,7日後に田面水を採水して分析に供した. 田面水の窒素・リン濃度に対しては,代かき作業の方が肥料の種類よりも強い影響を及ぼし,代かき7日後においても有意な差を示していた.窒素については代かき化成肥料区が他よりも著しく高い濃度を示した.リンは代かきの有無によって大きな濃度差を生じたが,肥料の種類による差異は小さかった.
索引語代かき;肥料;かんがい水;窒素;リン;濃度;試験法;分散
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat